文教大学シラバス

科目内容表示画面

トップページへ

 


科目名

途上国と都市A −問題の発見から−

開講期

5セメスター

単位数

2

教員名

田辺 義明

メールアドレス

tanabe-yoshiaki@nifty.com

授業概要

「発展途上国」の「都市問題」とは、具体的に例示がなければテーマの理解は困難となる。まずその二つの事柄を構成する概念と「事実」を挙げる。理論のみの学習ではなく、各自の思考様式に沿って、実際の情報を取り込むことが必要である。担当者はもともと社会学研究者であるが、北京の中国社会科学アカデミー1年間の研究生活を送った。その実地体験から、市民の日常生活というレベルの問題で、政策的課題を論じる。また担当者によるアジア各地の踏査体験を、社会学的に紹介・説明する。

授業計画

13 「発展途上国」の諸問題とは。この講義の序説と概論。
5
7 「都市問題」――過密化と人口。
8
9 世界における「南北問題」。
10
北朝鮮――現地調査を2回行った(未発表の撮影画像も示す)
11
〜 「都市と農村」の社会的矛盾。

評価方法

学期末レポートと出席状況などを総合する。

テキスト

『中国社会の構成原理』 , 田辺義明 , 新泉社 , 1999 , 2800 , ISBN4-7877-9911-8

参考書

使用しない。

受講生へのメッセージ

いままでアジアの発展途上国については、欧米・日本に比して「遅れた」社会という認識が
日本人にありました。それをこの講義によってあらためてください。
担当者の家族(義父ほか)は中国に暮らしています。
こむずかしいことを並べるよりも、ともかくまず「アジア都市めぐり」からです。