主体(チュチェ)の国再訪
田辺義明(立教大学産業関係研究所)


◆いいわけ
 筆者は、自称「中国社会学者」である。三菱総研さんの『中国情報源』なる権威ある書物に「日本のチャイナウオッチャー」として挙げて戴いたのには、熱烈に感激した。中国への妙な「貞操観念」からか、お隣の女房である朝鮮には、深入りは避けて来た。とはいっても2度目のお招きを受けることとなったのである。

◆平壌へ
 ゴールデンウイークも始まろうとする4月29日、名古屋国際空港1番サテライトには平壌ダイレクトの高麗航空608便のツポレフ154M型が、筆者を待っていた。折しも隣のブリッジには大韓航空761便釜山行きのエアバスA300型が翼を並べる形となった。高麗航空はチャーター便で、在日朝鮮人や一部の日本人を乗せて14時に離陸した。飛行ルートは、日本海を北上しシベリア上空から、朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)へと向う。これは韓国の防空識別圏を迂回するためである。飛行時間は2時間半足らず、現地と日本とは時差もない。機内では、終始革命歌が流されていた。さすがに、北朝鮮の領空に入ると、地上の写真撮影はスチュワーデスによって制止された。
 5年振りの平壌順安国際空港である。以前より拡張されたとみえて、タキシーウエイ(誘導路)がヤケに長くなった。途中に川が流れ、橋も掛かっていたばかりでなく、自動車道路との平面交差まであった。筆者は政府招待なので一応空港のVIPルームに通されたが、その晩のテレビニュースに出るとまでは思わなかった。かつての「古い友人」という言葉が、いまも通用しているようだ。

◆市内へ
 労働者の退勤時間であったために、道路沿いには隊列を組んで帰宅する集団が多くあった。空港から市内まで丘を2つ越えて30分ほどのハイウエイであるが、馬車も走っている。自転車はなく、自動車は極端に少ない。筆者はべンツであったが、多くの車は右側通行にも拘わらず右ハンドルである。つまり反対側である。よく見ると日本語の標記があり、日本の中古車だということがわかる。バスまでが左ドアで、乗客は道路の中央から乗り降りする。平成6年の排ガス規制で、日本が中古バスを多量に放出したためだろう。交通信号機はなく、警官の手信号である。筆者の車には、愛想よく敬礼をしてくれる。ほとんどが若い女性だけに、独身の筆者は照れ臭い。
 市内に入ると、5〜10階だての労働者アパートが果てしもなく続く。その林の中央でそびえるのは柳京ホテルの威容である。高さ300メートル、100階建の東洋一を誇るこの建造物だが、建設は中断したままである。クレーンが垂れているが、外見も5年前と変わりない。三角錐の設計はピラミッドを思わせるが、それが却ってむなしい。

◆宿舎にて
 宿舎は市内の南西端にあり、前回91年の訪問と同じ政府の科学者招待所である。新館が2棟新築されていて、平壌市内にいながら山梨の清里あたりの風情である。三方を山に囲まれ、眼下には田園が開ける。都心からここに来るまで、光復街というニュータウンを抜けなければならない。この街は、30階だてのマンションが林立する近代都市の典型で、中央の通りは幅120メートル、4万世帯が入居しているという。
 宿舎の自室に入ると、ローソクとマッチが戸棚に備え付けてある。しかも使い掛けである。むかし中国の田舎を旅した筆者は、「これは置き場所を覚えておかなければ」と思い、かつそれを机上の中央に置いて、入浴することにした。ボイラー係には連絡が行っていたので、すぐに湯が使えたが、突然に電灯が消えた。案の定、停電である。すぐに手探りでローソクに火を灯すと、薄明かりに自分の裸が鏡に揺らいだ。心地のよい姿ではなかった。そのまま服を着たが、係員が部屋を回って来て、筆者の手際のよさに感心してくれた。大学で「発展途上国社会論」を3年教えたのは、無駄ではなかった。
 ローソクの下で朝鮮料理と、寿司・天麺羅といった日本料理の、いわば和朝折衷の夕食を摂るが、あたかもキリストの「最後の晩餐」といった雰囲気だった。3時間の停電。平壌市内の交通は、トロリーバス、地下鉄、路面電車と、電気駆動が中心である。その間、市内交通はマヒしていたのだろう。しかもトンネルの中の地下鉄乗客はどうしていたのだろうか。路面電車は、前回91年の訪問の際に開通していたのであるが、今回判明したのは、空気ブレーキがついていないという驚くべき事実。電磁吸着ブレーキという、極めて特殊な方式で、つまり磁力でレールを吸い付けて電車を止めるというもので、いわばリニア・モーターの反対原理である。しかし、停電したならば、電気磁力が生ぜず止まれない。現実にどうやって安全運行しているのか、次回には必ず確かめたい。

◆主体(チュチェ)思想に触れて
 筆者は、金日成主席が創始したという主体(チュチェ)思想に関心を持っている。前回5年前の訪問も、その研究が主目的であった。しかし、あくまでも「批判的摂取」ということを念頭に置いている。北朝鮮の労働党中央委員会の某書記を初めとして、彼らは元来、思想を異にする筆者をも、信義と友情を持って迎えてくれた。これには、彼らの寛容さに感謝をする以外あるまい。
 ロシアを筆頭に東欧社会主義陣営の崩壊、中国の市場経済への転換。北朝鮮には決して好材料とはいえない世界環境が揃っている。北朝鮮の彼らは、東欧社会主義の弱点が、マルクスの「教条主義」にあったとしているようである。彼らも、主体思想がマルクス理論の上に構築されたことは認めている。しかし、マルクスはヨーロッパの一思想家であって、朝鮮革命の指導者ではない。彼らの指導者は金日成主席と、後継者の金正日書記なのである。今年2月、モスクワで主体思想の国際セミナーが開催され、世界各国からオピニオンーリーダーが参集した。そこでは、新たな社会主義の戦略と戦術が討議された。しかし、朝鮮労働党の某書記は、個人の立場で言った。「各国には、それぞれの主体主義があってしかるべきなのです」。彼は続ける。主体主義とは、「人間」中心の思想であるという。この言い方をすれば、宗教は「神」中心の思想である。資本主義は「金」中心の思想である。そこで三つの改造を、提唱している。まず人間改造。自然改造。そして社会改造……。筆者は、ここで個人的見解を述べることを目的にしている訳ではないので、あくまでも彼らとは、対話と協調の立場で接したとしか表現の仕方がないのであるが、北朝鮮が、マルクスを超越した社会主義路線を提唱していることを紹介したい。
 実を言うと、筆者は東アジアの軍事バランスの妙に関心を抱いている。その種の議論を期待はしなかったが、彼らも一線をわきまえているようだった。地元テレビでは、メーデーに際して特別番組として、陸海空三軍のデモンストレーションを流していた。陸軍は、グレネード・ランチャー(手榴弾投射機)を付けた新型突撃銃。海軍は、かなり旧式のミサイル艇、空軍は1世代遅れたMiG21戦闘機であった。

◆国際関係の狭間で
 『朝鮮時報』3月28日付、第1面は日本の自民党山崎拓政調会長の写真入りの談話であった。これは、日朝国交正常化に関する共同文書から1周年を経たことにちなんだものであり、その下に社民・さきがけ両党の談話があった。日本共産党のものは無論ない。
 労働党中央委員会の最高幹部某書記は、韓国・アメリカに対する批判は口にしなかった。もちろん日本についてもである。しかし、中国・ロシア両国が、ドルまたはバーター取引きにしか応じなくなったのには、対する口調が厳しかった。そして「とにかく工場を動かすこと、それが何より先決問題だ」と強調した。
 民衆は、国際情勢をどう考えているのであろうか。メーデーの日に平壌サーカスを見物に行った。5年前よりも、残念ながら芸の質は落ちていたようだ。客の入りも良くない。そこではピエ口が、韓国の官憲と軍人の賄賂合戦、また韓国軍将校による兵卒へのスパルタ教練というドタバタを笑い物にしていた。観衆は一応笑ってはいるものの、子供のかん高い笑い声ばかりが響き、大人のそれは心なしか義務的に聞こえた。

◆農村は
 農村は立ち遅れているといわれるが、主力の共同農場を国営化する試みが始まっていた。筆者はヘビー・インダストリーの研究が専門で、農業問題は苦手だが、農村もある程度の機械化は進んでいるし、農民の住宅は、見るところすべて3階だてのアパートになっていた。農村は前回、農業学者とともに国内各地を視察したので、誤りはないであろう。食料事情は『朝鮮時報』が4月1日付で報じたところでは、1日1人あたりの主食配給量が、600グラムから450グラムに引き下げられたという。しかし、あくまでもこれは公式発表ではなく、友好的な外人記者の伝聞として取り上げられていたものである。

◆明日の北朝鮮は
 朝鮮の建造物はすべてにおいて大きい。平壌の凱旋門はパリのそれよりも、ひとまわり高いという。人民大学習堂は、基本的には図書館を大々的に拡大化したものといえるが、閲覧室は600ほどあり、テレビの備わったLL教室も見学した。保育所では、400人の子供たちが筆者を出迎えてくれた。子供には、とくに筆者は弱い。この子たちの将来が、明るく希望に満ちたものであってほしい。
 最後の日、光復街ニュータウンの中央を労農赤衛隊(民兵)が、AK47ライフル(突撃銃)を構え早駆けをしていた。その横を、90年代に敷設された路面電車がドアを開けたまま通り過ぎて行った。

(雑誌『蒼蒼』1996年)