文教大学シラバス

科目内容表示画面

トップページへ

 


科目名

専門ゼミナールT −アジア社会の研究(1)

開講期

56セメスター

単位数

4

教員名

田辺 義明

メールアドレス

tanabe-yoshiaki@nifty.com

授業概要

アジアにおける「生産」・「消費」の流れを経済学としてではなく、
「社会システム」における機能要件と捉えて、その顛末(てんまつ)を考察して行く。
躍動する中国社会について「学際的」アプローチでの討議・研究を展開する。
具体的には、世界のブランド「Made in China」の生成過程を取り上げ、
現代中国の産業と、その基盤にある文化を知ることで、アジアの将来像を探る。

授業計画

1 ガイダンス。
2
9 中国・アジア社会についての基本資料によるグループ学習。
10
〜 後半は、参加者が分担して「テーマ」研究を展開する。
同時 中国ビジネス実務家から体験談を聴く(クラス合同)など。

評価方法

演習における討議への積極性や、提出・提示物を評価する。
課題レポートを作成し、参加者の知的財産としてメンバーが共有する。

テキスト

『中国社会の構成原理』 , 田辺義明 , 新泉社 , 1999 , 2800 , ISBN4-7877-9911-8

参考書

使用しない。

受講生へのメッセージ

日本の景気低迷のなかで、アジアビジネスは熱くなっています。
アジアとくに中国には、いま日本が見失った「なにか」があるでしょう。
身内(みうち)を中国シルクロード地方の奥地に持つ、
わたくしには学生に伝えたいメッセージがあります。