【担当科目】

■大学などにおける担当科目および単位数などを以下に列挙。

 

●立教大学 社会学部 社会学科 「一類社会学特殊講義(6)発展途上国社会論」

(学部3年次以上4単位、大学院博士前期2単位)。

 

●二松學舎大学 文学部 中国文学科・国文学科 「社会学」

(学部1〜4年次4単位)。

 

●二松學舎大学 国際政治経済学部 国際政治経済学科 「社会学」

(学部1〜4年次4単位)。

 

●福島工業高等専門学校 コミュニケーション情報学科 「現代社会」、「世界史」ほか。

→のち中国社会科学院にて、在外研究に従事のため立教大学産業関係研究所に移籍。

 

●国立静岡大学 人文・教育・農・理学部 各学部 全学科 「現代の社会」

(後期開講科目。各学部選択必修3年次以上2単位)。

 

●文教大学国際学部 シラバス電子版にリンク

「途上国と都市A(「地域社会学」読み替え)2単位、前期毎週2時限。

 

「途上国と都市B(「地域社会学」読み替え)2単位、後期毎週2時限。



「専門ゼミナールU」4単位、通年毎週2時限。

 

「専門ゼミナールT」4単位、通年毎週2時限。


 

「卒業研究」2単位、後期毎週2時限(シラバスなし)。