【中国航空関係(最近の業績)】

←クリック!

以下は社会学の研究業績です。

※ すべての研究業績についてpdfにて表示・ダウンロードが可能です。
  なお現在市場流通中の著作物については、表紙・目録のみの表示となります。
  pdfの認識・ダウンロードには、ソフトウェア「Adbe Reader」が必要です。

 


【著書(独立単著)】

 田辺義明(発表年次1999年)『中国社会の構成原理――建国50年の社会学――(※現在販売中につき表紙のみリンク)
株式会社新泉社、(発行所:東京)。
    
注文する

[要旨]1999年10月に建国50周年を迎えた新中国(中華人民共和国、以下中国)。そこに社会主義政権が成立した解放当初、その社会には諸々の矛盾が山積していた。それらに対する社会政策が身分・階層による人々の類別化を生み出し、現在に至る緻密な体系的序列を形成した。その点を主軸に、一枚岩に見える中国社会へミクロな研究の目を注いだ。一方マクロではいわゆる「三大格差(都市×農村、工人×農民、頭脳労働×肉体労働)」の解消が、常に中国の政策課題の中核をなしており、また「出身血統主義」というアジア的ともいえる伝統“観念”が社会の基底にあることを取りあげている。そこでは戸籍や家系による「属性」を基調にして、組織秩序を構成するという社会原理があった。また近代国家の存立基盤である「法治」によらず、社会規範を成文化せずに「人治」制度という伝統的な安定メカニズムによって自律性が保たれており、それはこの国家があたかも一つの生物有機体であるかのような感を持たせる。筆者は、この複雑極まりない中国社会の科学的解析に挑んだ。まる1年間、中国に滞在して、予期せざる現地結婚で「中国家庭(妻一族と)の生活」を首都北京の団地と、シルクロード新疆ウイグル自治区の開拓地で実体験し、そして都市・農村における中国社会の内実について社会学的深層の理解が可能となった。なお本書では第一の専門領域である「産業社会学」に基づいて、いまや“世界の工場”ともいえる産業化の進展状況が現在進行形で扱われている。そのインフラ・ストラクチャーとして、この社会の「構成原理」は中国社会に強靭なタテ構造のオーダーを生み出している、と結論付けた。また「工人(都市労働者)」と「農民」の戸籍による人間の大区分が、現代中国において、その社会と産業発展にいかなる影響をもたらしているか、という問題の提起を行った。本書はBodleian Library,University of Oxford,UK(オックスフォード大学図書館にリンク)にも購入され、東洋学の常備図書として収められている。

 

【著書】

● 小坂勝昭研究代表(2005)『中国進出企業の環境マネジメント及び環境技術移転の実態に関する調査研究』(課題番号15330108)平成15年度〜平成16年度科学研究費補助金--基盤研究(B)(2)研究成果報告書、田辺義明担当「中国の環境問題についての記事抜粋(資料1)」1〜64頁、「日本で発表された“中国環境問題”」1〜40頁、通し頁なし(神奈川)。

→経済成長著しい中国にあっては、工業化にともなう環境破壊が深刻である。日本から現地に進出した企業がいかなる姿勢でそれに臨んでいるか、地球規模での問題としてこれを考察した(執筆者は以下、掲載順、現在の職位。
神奈川)。

       小坂勝昭(文教大学教授)、竹田仁(文教大学教授)、
   
      石塚浩(文教大学教授)、山田修嗣(文教大学准教授)、
   
      茅野広行(江戸川大学教授)、田辺義明、
   
      石井雅章(文教大学非常勤講師)。

以上による研究プロジェクトの成果。


● 庄司興吉編(1986)『世界社会の構造と動態』、田辺義明担当「現代中国の社会構造――社会学的接近の試み」第7章、183〜212頁、360〜362頁、 財団法人法政大学出版局(東京)。

→1949年の建国以来かたちづくられてきた、「中国式」社会主義がどのような、社会的基盤のうえに立脚するかを、その一例として「単位(タンウェイ)」を中心とした社会構造をミクロな視点からとらえたもの。『エコノミスト』誌から高い評価を受けた収録論文。本書全体の執筆者は以下のとおり(掲載順、現在の職位)。

       庄司興吉(前・東京大学大学院教授)、中村平八(前・神奈川大学教授)、

       小井土彰宏(一橋大学教授)、町村敬志(一橋大学教授)、

       宮島喬(前・立教大学教授)、加納弘勝(津田塾大学教授)、田辺義明、

       小山洋司(新潟大学教授)、梶田孝道(一橋大学教授、故人)、

       伊藤るり(一橋大学教授)、矢澤修次郎(前・一橋大学教授)。

以上による「世界社会研究会」の代表的業績。

 

 

【共著】

● 古城利明研究代表(1987)『世界システムの実在性と構造に関する社会学的研究』(課題番号60301026)昭和60・61年度文部省科学研究費補助金(総合A)研究成果報告書、共著、田辺義明担当7〜16頁・128〜132頁および附録(東京)。

→ウォーラスティンの“世界システム論”に啓発された内外の多くの研究者が、この世界を社会システムとして捉えようとした。筆者はいわゆる南北問題を中軸に中国そして周辺諸国の動向に注目し、日本の都市社会(広島・大阪など)において、地域の国際化が、住民意識にいかなる変動を生み出したかを検証した。執筆者以下(掲載順、現在の職位)。

       古城利明(中央大学教授)、佐野勝隆(名古屋大学教授、故人)、

       田辺義明、宮本太郎(北海道大学教授)、大倉秀介(前・和歌山大学教授)、

       伊藤るり(一橋大学教授)、武川正吾(東京大学教授)、

       清野正義(立命館大学名誉教授)、木田融男(立命館大学教授)、

       馬場修一(東京大学助教授、故人)、梶田孝道(一橋大学教授、故人)、

       吉原功(明治学院大学教授)、町村敬志(一橋大学教授)、

       中村平八(前・神奈川大学教授)、矢澤修次郎(前・一橋大学教授)。        

以上による「世界社会研究会」の成果のひとつ。

 

 

【辞典】

● 田辺義明:執筆参加(1993)、森岡清美・塩原勉・本間康平編集代表『新社会学辞典』(※現在販売中に付き目録のみリンク)、中国関連人名項目をすべて田辺義明が担当、 株式会社有斐閣(東京)、李景漢、費孝通、厳復、J・ニーダム(英国人)ほか。
注文する

→戦後、出版社を同じくして『社会学辞典』が編纂されたが、今回はそれを全面的に書き改めた日本社会学界を挙げての大規模な企画であった。執筆には社会学各領域の専門家があたった。筆者は中国人名および外国人中国研究者の人名項目を担当し、それらの著作も翻訳書とともに列挙した。

 

【学術論文】

● 田辺義明(1983)「黎明期の中国社会学――中国社会学史序説」、日本社会学史学会編『社会学史研究』第5号、単著、63〜73頁、社会学通信会(東京)。

→中国における“社会学”研究は、いつに始まったのであろうか。従来の定説は、英国の社会学者ハーバート・スペンサーの訳書によるとされていたが、本論文において、それが日本の社会学書の翻訳輸入に端を発することを明らかとした。戦後、中国社会学史に関する本邦初の論文である。

 

● 田辺義明(1983)「我が国理論社会学研究の批判的展望」中国題:「学科与流派――日本理論社会学研究動向」、中国社会科学院編『国外社会科学』第1期、単著、67〜69頁および30頁、商務印書館(北京)。 以下に再録された。同(1983)『復印報刊資料C4社会学』第1期、中国人民大学書報資料社(北京)。

→日本社会学は70年代に至って、急速にパラダイムの変化が見られるようになった。すなわち理論社会学における従来の構造機能主義(客観主義)からエスノメソドロジーなどにみられるような主観主義へと、である。それを中国社会学界に紹介した総説的論文。また中国人民大学によって復印再録(リプリント)され、中国国内大学・研究機関・図書館に配布された。

 

● 田辺義明(1984)「労働保険――現代中国の社会保障制度」、特殊法人社会保障研究所編『海外社会保障情報』第69号、単著、2〜15頁、和光企画出版株式会社(東京)。

→社会主義中国にあっては、社会保障は万全のものと、我が国の識者の多くは捉えていた。しかしその制度には、階級差別(これは旧社会のものではなく、新中国が生み出したものである)が歴然と存在し、大きな社会的課題を提示しているとした、新中国の社会福祉に関する我が国初の本格的実証研究である。

 

 田辺義明(1984)「文化/学術/社会学」、社団法人中国研究所編『新中国年鑑1984年版』116頁、単著、株式会社大修館(東京)。

→1983年における、中国社会学界の動向を簡潔に紹介した総説。福武直東京大学名誉教授による推薦(福武教授は当時健在で指名を受けて引き継ぐ。その後歴年執筆)。


● 田辺義明(1984)「中華人民共和国における保健・医療社会学の研究動向」保健・医療社会学研究会会報第10号、1〜3頁、単著、保健・医療社会学研究会(現日本保健医療社会学会、東京)。

→中国では社会学研究の復活後、医療研究も黒竜江省を中心に、全国へと発展しつつあった。その趨勢をごく短く紹介したもの。


● 田辺義明(1985)「文化/学術/社会学」、社団法人中国研究所編『中国年鑑1985年版』116頁、単著、株式会社大修館(東京)。

→1984年における、中国社会学界の動向を簡潔に紹介した総説。この年に書名変更。


● 
田辺義明(1986)「文化/学術/社会学」、社団法人中国研究所編『中国年鑑1986年版』120頁、単著、株式会社大修館(東京)。

→1985年における、中国社会学界の動向を簡潔に紹介した総説。

 

 

● 田辺義明・田暁虹(1988)「夫婦の離反に関する考察――現代中国における離婚の諸要因――」共著、関東社会学会編『年報社会学論集』88年版、115〜122頁(東京)。

→中国では近年離婚が急増している。その要因を社会学・社会心理学の両面から分析した日中共同研究の試み。プロレタリア文化大革命が中国の家族構造にも反映したという、分析結果を導き出した。田暁虹(中国、上海社会科学院研究員)。

 

 

● 田辺義明(1988)「文字コード化に関する日中比較研究の試み――情報社会学からのアプローチ――」、日中社会学会編『日中社会学会会報』88年1号48〜59頁、 単著(茨城)。

→漢字文化圏に存在する日中両国は、文字に一定の共通性をもちながら、ことなる道筋で、情報社会化を迎えようとしていた。現在は、この分野の研究が盛んになされており、珍しいものではないが、“文字コード化”に関する研究はこの論文が本邦初といわれる。

 

 

● 田辺義明(1991)「中国社会学の学説史的再考――序説:研究者とその行動――」、二松學舎大学発行『二松學舎大学論集』第34号263〜273頁、 単著(東京)。

→1989年の“第二次天安門”事件は、大きな波紋を内外に及ぼした。筆者は事件の直前まで北京の大学に寝泊まりしていた。その民主活動家と呼ばれる人々と、百年前の清朝政権下における改革運動の主導者たちに一定の共通性を見いだし、学説史の論文とした。

 

● 田辺義明(1994)「中国型SLについて」、社団法人中国研究所編『中国研究月報』11月号49〜52頁、単著(東京)。

→中国では5年前まで蒸気機関車が製造されていた。その形式と特徴を解説すると共に論評としてまとめたもの。筆者のイラストも添えられてある。


 

● 田辺義明(1996)「中国の空はいま」、社団法人中国研究所編『中国研究月報』2月号34〜36頁、 単著(東京)。

→1988年それまで一社独占体制であった中国の国内・国際航空事業が、中央だけではなく地方機関や民間・外資にも開放されて一挙に中国の空は花盛りとなった。論説であるが専門分野では資料的価値もあろう。

 

 

● 田辺義明(1996)「日本産業的“空洞化”」(翻訳:何其亮)、上海大学文学院編『社会』(上海)6月号43頁、 単著(日本文なし、上海)。

→これは日本文で寄稿し、編集部の翻訳によった中国文。日本の産業がいわゆる「空洞化」状態にあり、その生産拠点が中国ほかへと移行しているという論説。

 

● 田辺義明(2001)「友情原稿:(中国文、題名省略)」単著(中国訳文)、中国の地方人民対外友好協会発行、論文集(中国杭州)。

→故福武直教授らと訪問した中国江南の「都市・農村」と、現地で教授に教えを受けた解放前における社会調査の状況など(なお題名も中国文である、該当日本漢字は出力できない)。





【翻訳書】

● 下田直春監『社会学の方法と測定』田辺義明訳「固定選択質問紙」、第4章、144〜163頁、株式会社新泉社(1981、東京)、原著:A.V.Cicourel“Method and Measurement in Sociology”(原文=英語)。

→1960年代後期以降、アメリカの社会学が「エスノメソドロジー」を中心とした主観主義の傾向を強めるにともなって、あらたな社会調査の方法が模索された。そのひとつ、アーロン・シクレルの米書を翻訳した。訳者の担当部分は「固定選択質問紙」であり、いわゆるマルバツ式調査紙の妥当性に疑問を投げかけたもの。調査法の研究業績のひとつ。

 

● 中久郎・梶谷素久編『社会学グローバル』、加々美光行監、田辺義明訳「中国社会学――現状と課題――」、215〜225頁、株式会社御茶の水書房(1987、東京)、原著:張萍「中国的社会学」(原文=中国語)。

→中国社会学の現状と課題を、中国人研究者の目から捉えた論文を訳出したもの。著者の依頼による翻訳であったが、監修には愛知大学現代中国学部長であった加々美光行教授があたった。

 

● 加々美光行監・訳『中国の青年・中年・老年――その生活意識調査実態報告』、田辺義明訳「中国青年労働者の実態調査」52〜84頁、株式会社蒼蒼社(1987、東京)、原著:中国社会科学院社会学研究所『社会学研究』編集組編『社会学紀程(1979−1985)』(原文=中国語)。

→現代中国を代表する社会学者である費孝通の学術指導による、中国での実証研究のデータを海外に公開したもの(編者は加々美光行 愛知大学現代中国学部教授、もと学部長)。

 

 

【翻訳論文】

● 田辺義明訳(1984)「中国における老人社会学研究の重要性」、特殊法人社会保障研究所編『海外社会保障情報』第69号、16〜22頁、和光企画出版株式会社(東京)、原著:袁緝輝「開展老年社会学研究是一件大事」(中国文)。

→さきの『海外社会保障情報』のオリジナル論文「労働保険‥‥」とともに発表されたもので、現代中国における老人福祉がいかなる政策的・文化的基盤のうえに構築されようとしているかを、中国ではもっとも著名で、かつ訳者の知己でもある論者の見解を展開したもの。

 

 

● 田辺義明訳(1985)「国務院、 農民の集鎮転入・定住に関する通達」若林敬子編『中国の人口研究に関する最近の基本資料』137・138頁、厚生省人口問題研究所(東京)、原著:中国国務院「国務院関於農民進入集鎮落戸問題的通知」(原文=中国語)。

→中国においては、農民は農村に、労働者は大都市にと戸籍上、生まれながらにして結びつけられて来た。そこに工業化した農村という新たなコミュニティー概念を提示した、中国中央政府の国内通知を翻訳したもの。(編者:若林敬子 現東京農工大学教授)。

 

 

● 田辺義明訳(1986)「中国における老人扶養の問題について――第13回国際老年学会より――」、社団法人中国研究所編『中国研究月報』8月号、 42〜46頁、社団法人中国研究所(東京)、原著:袁緝輝「中国的老年贍養――在第13届国際老年学大会上的報告」(原文=中国語)。

→中国における老人扶養の問題を論じた、国際老年学会中国代表袁緝輝の発表を、日本の中国研究専門誌である『中国研究月報』に翻訳掲載したもの。解題も付してある。

 

 

【書評論文】

● 田辺義明(1985)「若林敬子編『中国の人口問題研究に関する最近の基本資料』」、社団法人中国研究所編『中国研究月報』9月号、46頁、社団法人中国研究所(東京)。

→この一文は“書評”ではなく“文献紹介”である。それは評者もこの資料集の作成にあたっては、若干の助力をしたためである。

 

 

● 田辺義明(1985)「山田俊明著『鉄道からみた中国』」、社団法人中国研究所編『中国研究月報』11月号、34・35頁、社団法人中国研究所(東京)。

→中国は“鉄道王国”である。高規格の線路が全国5万キロ以上にわたって敷き詰められ、それが陸上交通の基幹をなしている。その技術水準も低いとはいえない。しかし、基盤にはかつての満鉄(南満洲鉄道)の高度な規格が生かされているのも事実である。それを紹介した山田俊明の著書を批評した。中国の鉄道は、大陸横断の国際鉄道であり、それらの観点からも論じた

 

 

● 田辺義明(1986)「費孝通著、小島晋治ほか訳『中国農村の細密画――ある村の記録1936〜82』」、社団法人中国研究所編『中国研究月報』10月号、37・38頁、社団法人中国研究所(東京)。

→中国人としては、もっとも著名な社会学者である費孝通の農村研究の『江村研究』を邦訳した小島晋治ほかのこの書籍は、実は原典が英文訳書であった。この「また訳書」をオリジナルの中国文と対照しながら批評し、内容を補足した。

 

 

● 田辺義明(1987)「笠原清志著『産業化と社会的統合』」社団法人中国研究所編『中国研究月報』1月号、43頁、社団法人中国研究所(東京)。

→東欧産業の研究者の笠原清志は、近年中国にも視点を移し始めている。産業社会学という我が国では廃学の危機さえある学問分野にあって、この著作は注目に値すると評した。

 

 

● 田辺義明(1992)「藤原恵洋著『上海――疾走する近代都市』」、社団法人中国研究所編『中国研究月報』7月号46頁、社団法人中国研究所(東京)。

→上海そこはアジア人のあこがれを集めた大都会であった。現在も生き続ける往年の建造物について、筆者藤原恵洋は建築史の観点から踏査を試みた。しかし、その分析視点は、多分に社会学的でもある。この一書に社会学からのささやかなアプローチを試みた。


 

● 田辺義明(1996)「平可夫著『2000年の中国軍――日本はNOと言える時代を迎えられるのか――』」社団法人中国研究所編『中国研究月報』3月号40・41頁、社団法人中国研究所(東京)

→現在カナダ在住の中国系軍事評論家平可夫(ピンコフ)の主著は、2000年の中国軍に「くず鉄兵器論」は無用としながらも、冷静な分析を行っている。ロジスティックス(兵站)面についての考察に浅い点もあるが、将来の中国がアジア社会で占める位置などを予測する際に、その軍事部門の閑却は禁物である。

 

● 田辺義明(1998)「パソコンで旅する中国『世界の車窓からU(富士通CD-ROM)』」『東方』6月号、 24〜26頁、株式会社東方書店(東京)。

→CD−ROMの批評記事。近年この種の著作物の出現は、出版界を変貌させつつある。電子ブックの書評として、かつて旅した中国のシルクロード地方の鉄道事情と沿線解説について批評した。情報技術的問題のみならず文化・歴史についての記述内容を論評した。

 


● 田辺義明(1999)「『中国鉄路史』」『鉄道ジャーナル』5月号、分量1ページ、
鉄道ジャーナル社


● 田辺義明(2002)「森誠ほか『中国少数民族――農と食の知恵』」『東方』9月号、22〜25頁、株式会社東方書店(東京)。

→静岡大学農学部創立50周年記念事業報告書についての批評。農学者たちによる中国の少数民族の農耕・牧畜文化、また食文化についての紀行へのコメント。『東方』誌(月刊)は、わが国の中国研究におけるもっとも権威ある書評誌(ブックレビュー)。

 

 

● 田辺義明(2006)「新しい世代へと引き継がれる中国の社会学研究への期待--汝信・陸学藝・李培林主編『社会藍皮書2006年:中国社会形勢分析与預測』」『東方』3月号、31〜33頁、株式会社東方書店(東京)。

→中国社会科学院が年次発行している「青書」と絡めて、中国における社会学研究の「政策科学」としての性格と、その研究動向について解説した。陸学藝は中国社会学会会長であり、同国の社会学研究の第一人者である。彼の「階層論」に関する著作が02年に“発禁”処分となったことにも論及した。


【研究資料】

● 田辺義明(2004)『中国の環境問題について資料(報道情報集)』日中環境経済センター

● 田辺義明(2004)『わたくしが見た!北朝鮮』パワーポイント・プレゼンテーション

【その他】

● 新井慧誉編(2005)『心のまんだら』寿徳寺文庫40、田辺義明担当348〜354頁、1049〜1053頁、真言宗寿徳寺(東京)。

→編著者の新井慧誉は二松學舎大学教授、わが国における漢文学の権威である石川忠久二松學舎大学学長らが執筆した宗教観、文化論の書。


 田辺義明(1992)「日本社会学会挙行年会」復旦大学分校社会学系編『社会(社会学叢刊)』92年4期10頁、復旦大学出版社(上海)。

→田辺の直接執筆による簡潔な「中国文」。日本社会学会の年次大会の概略について。

 

● 田辺義明(1999)『静岡新聞』1999年9月30日(夕刊)「特別記事」

● 田辺義明(1979)「文献紹介」雑誌『立教』立教大学

● 田辺義明「労働保険簡解」『交流簡報』日中人文社会科学交流協会

● 田辺義明(2003)「知られざる日中戦争・解放戦争――日中関係史の試み」、発表予定。

■ 田辺義明(1999)「おはようワイド」SBSラジオ・コメンテータ出演(1月18日・60分)
   ※ このラジオ番組は「Windows Media Player」で聞くことができます。
     
   (ダウンロードは上のアイコンから

研究業績