【学会発表】

 

● 田辺義明(1983)日本社会学会第56回大会一般研究報告(昭和5810月、於:埼玉大学)「中華人民共和国における社会学的研究の展開過程(その1)」。

→中国においては、社会学が1950年代以降禁学とされた。それは70年代後期に復活するのであるが、中国の清朝末期に伝えられた社会学の理論と、その研究者たちの生涯を現存する資料から組み立て、報告とした。

 

 

● 田辺義明(1983)日本社会学史学会昭和58年度大会自由報告(昭和5810月、於:金沢大学)「中国における社会学研究の学説史的展望」。

→この発表は上記報告の“(その2)”を構成するものであるが、戦前を中心に日本へ留学し、日本流の社会学を身につけ、その後帰国しそれを実践した研究者たちの業績を追ったものである。

 

 

● 田辺義明(1984)日本社会学会第57回大会一般研究報告(昭和5910月、於:龍谷大学)「中華人民共和国における労働組合の機能とその変容」。

→中国の労働組合(“工会”と呼ばれる)のナショナルセンターは“中華全国総工会”である。この組織も、プロレタリア文化大革命中は奪権闘争の場と化してその機能は無に帰した。再建後の労働組合は、とくに改革開放政策下にあって、生産奨励機関の傾向を強めてきた。その機能と変容を分析した。

 

 

● 田辺義明(1985)日本社会学会第58回大会一般研究報告(昭和6011月、於:横浜市立大学)「中国における労働者雇用の構造に関する考察」。

→中国において労働者を“雇用”することは、その“全生活構造的”な養護をするということであり、いわば“養子”にするに等しい。さらにそれは、労働者の退職後も継続するのである。この“丸抱え”式労働者雇用の構造について深く言及した。

 

 

● 田辺義明(1987)日本社会学史学会昭和62年度大会自由報告(昭和626月、於:神戸大学)「中国社会学の再生とその発展」。                 

→ある時期「禁学」とされた中国の社会学も、70年代の後半に至って再建が試みられた。その復活の歩調は早く、それが“発展”ともいえる状況に至った。中国社会学の現状と課題を、日本人社会学研究者の立場から論じた。

 

 

● 田辺義明(1988)日本社会学会第61回大会一般研究報告(昭和6310月、 於:東北大学)「漢字文化圏における情報社会化への対応」。

→この報告は、論文「文字コード化に関する日中比較研究の試み――情報社会学からのアプローチ−」、日中社会学会編『日中社会学会会報』8814859頁、 昭和63年を受けたもので、その後の“GB(国家標準)”漢字コードが、日本のJIS漢字コードよりも先行したことを挙げ、日本と中国そして韓国・台湾などの地域に情報社会化に対応する様々な動きがあることを例証したものである。

 

 

【在外講演】

● 田辺義明(1987)、上海市社会学学会(昭和6212月、 於:上海社会科学院)「産業社会学の企業発展に及ぼす影響」(中国語/日本語)。

→上海市社会学学会の要請に応じて、上海社会科学院において“産業社会学”の企業経営に対する影響を解説した。中国側の要望は、あくまでも「政策科学」としての産業社会学であり、それは実際の労働現場に即したものでなければならないという。日本の高度経済成長期時代の、産業経営における諸問題を取り上げながら、産業社会学の可能性を論じた。

(上記以外にも、中国社会科学院文献資料センター、中国南開大学大学院、北京外国語大学日本学研究センターにて講演)。


 

【学術講演】

田辺義明(2004)「社会学から見た中国社会の構造と特質--環境問題の理解のために」NPO法人日中環境経済センター主催、第1回学術講演会。 

→中国の環境問題を理解するには、その社会の構造を知る必要がある。著書『中国社会の構成原理』を援用して、平易に解説した。



【放送出演】

 田辺義明(1999)SBS静岡放送ラジオ「おはようワイド」ゲストコメンテータ出演、平成11年10月18日0700〜0800(静岡)。

→北朝鮮のミサイル問題と「日米防衛ガイドライン」の問題を中心に、アジア情勢を解説した。「新聞拾い読み」もあり。


● 田辺義明、FM-Hi(中国語番組)に出演 など


 

【所属学会】


○ 日中社会学会(事務局:松山大学人文学部)会員(1993年まで役員・幹事)。

 

○ 日本社会学会(事務局:東京大学文学部)会員。

 

○ 日本社会学史学会(事務局:日本大学文理学部)会員。

 

○ 日本現代中国学会(事務局:東京大学教養学部)会員。

 

○ 中国経営管理学会(事務局:名古屋市立大学経済学部)会員。

 

○ 関東社会学会(事務局:早稲田大学文学部)会員。

 

【研究プロジェクト】

田辺義明(1985〜90)「地方都市・農村の工業化に関する社会学的研究」委員

成蹊大学アジア太平洋研究センター・上智大学国際関係研究所共同プロジェクト、

(座長:鶴見和子、副座長:宇野重昭、座員:清成忠男、菊地章典、毛里和子ほか)。

 

【歴任研究職】(嘱託および上記を含む)

文部省科学研究費補助金研究 研究協力者(中央大学・東京大学)

社団法人中国研究所 研究員・理事

特殊法人アジア経済研究所 委員

上智大学国際関係研究所 委員

成蹊大学アジア太平洋研究センター 委員

慶應義塾大学塾内研究プロジェクト 研究協力者

立教大学産業関係研究所 学術研究員

中華人民共和国中国社会科学院 訪問研究員

文部科学省科学研究補助金研究 研究協力者(文教大学)

特定非営利活動法人日中環境経済センター 学術アドバイザー (現任)




【その他・付記事項】

平成8年度   三菱総合研究所発表「日本のチャイナ・ウォッチャー9697」リスト入り。

同13年度   総務省大臣官房新千年紀記念事業管理室、「インターネット博覧会」NHKトップページ受賞。

同14年度   独立著書『中国社会の構成原理――建国50年の社会学』オックスフォード大学Bodleian 図書館常備文献に選定。

同17年度   日本報道写真連盟 正会員 (講義プレゼンテーション作成のため)。